あめんぼ座とは

about-head01.gif
about-photo01.gif 私が所属していた朝日放送のABC放送劇団は、劇団くるみ座の毛利菊枝先生から月 一回音声表現の基礎を御指導頂いていました。ギリシア悲劇などがテキストで先生 のおっしゃる「物言ひの術」――いい声を出そうと思うな、生活が悪ければ声は不潔 になる、など、精神面を含めて、全身を耳にして聞き入ったものです。そのうちくる み座の公演にも参加させて頂くようになり、肉声の世界の魅力に惹きこまれていきま した。気持を同じくして集まった仲間たちと「あめんぼ座」を結成して、草野心平の蛙 の詩から選んだ「構成詩ぎゃえるっ子」を京都、大阪で公演したのが、昭和48年で した。この時毛利先生が「詩の朗読はあめんぼ座のようにしなければならない」と周 囲におっしゃったそうで、この過分なお言葉は今でも私の大切な宝物です。以来40 年、時として挫けそうになった私を支えてもらえたと思っています。
 今回で90回目の公演になるわけですが、振り返ってみると夢のようで、幸せな気持 になります。どの公演も精魂傾けて作り上げた舞台ですが、特に思い出深いのは大阪 府民劇場奨励賞を頂いた徳丸勝博作・演出の「与謝野晶子・永遠なる七五調」(この とき初めて朗読劇という言葉を用いました)、尾宮賞を頂いた松本清張の「顔」などで しょうか。
 最近体調の関係もあって、劇団経営を若い人たちに移譲してきましたが、彼女らが苦 労しながらあめんぼ座を守っているのは、有難いことです。しかし現状に満足せず、 毛利先生以来の「美しい日本語の発音」を守るだけでなく、更なる高みを目指して欲 しいと思っています。あめんぼ座の特色であると言われる「群読」にしても、まだま だできることはあると思います。
 最後になりますが、あめんぼ座を支え、応援して下さったなつかしい方々に篤く御礼 申し上げます。これからもどうぞお見守りくださいますよう。

about-head02.gif
about-photo02.gif 6月、気持ちよく晴れた日の昼下がり、「アンティゴネ」公演のチラシをもって報 告がてら、あめんぼ座主宰の西垣瑩子に会いに行きました。昨年から公演に参加する ことはできなくなりましたが、変わらぬ元気な張りのある声で「まぁ~40年!そんな に続いて・・・ありがたいことです。」と喜んでくれました。
 西垣瑩子には、誰にも似ていない突き抜けた個性的な声、そして誰よりも強靭な精 神と体力があり、そのパワーで劇団は突き進んできました。西垣に叱咤されることが なくなって久しい年月が経ちますが、最盛期の厳しさを経験した者として、あれは濃 密で得難い時間だったと感謝しています。
 西垣たちが朗読の劇団「あめんぼ座」を起ち上げた40年前、今日のような朗読文 化の拡がりを誰が予測したでしょうか。朗読とは、静かに本を読むことであり、舞台 で声張って、観客に(しかも有料で)朗読劇を聴かせる劇団は多分なかったことでし ょう。私たちは先輩方の努力と功績の上に、その恩恵を受けていることを忘れてはい けないと思っています。自分たちなりに、公演ごとに工夫や挑戦を積み重ねているつ もりではありますが、甘えや妥協があるのは否めません。緊張感を失わず、また新境 地を探るためにも、外部から演出の方をお迎えし刺激を与えていただいています。ど の方にも、演出のたびに改めて「朗読」を考えるきっかけをいただきます。
 朗読というジャンルが芸術の一分野として認められ評論・批評の対象となるには、 まだ時間がかかるでしょうし、何より私たち朗読する側の質と意識の向上が必要で す。常に「朗読とは」「語りとは」と問いながら、より深く、より高く、「心に届く 声、伝わる言葉」をめざして格闘しています。
 そこには語られる言葉があっただけ、なのに、まるで音楽が流れ、燦々たる日差しや 暗闇、夕暮れの風景があったかのように、聴く人の想像力が喚起され、充足感と感動 をもってもらえるようないい舞台を・・・、そんな幸福を夢想しています。


戻る

あめんぼ座の歩み
あめんぼ座の活動
あめんぼ座短信
朗読教室のお知らせ
ご意見箱
リンク